Mother Machine solo exhibition of Art motorcycle


2017.11/1~11/13
ASK MOTORCYCLE TOTAL CUSTOM SHOP
Mother Machine solo exhibition of Art motorcycle

Discussion Party
11/5(SUN) 18:00~21:00

”マザーマシン”とは読んで字のごとく機械を生み出す事の出来る機械、又は自身を作り出す事の出来る機械の事を指します、つまり自動車で例えるならば自動車は自分で自動車を産み出せません、自動車と言う機械を作る為の”母なる機械”が必要となります。

とは言えその”母機”も元々は人の手によって作られています。時代を遡ると誰が最初に作ったのかは解りませんが、 今この世に溢れている機械はどんなに高性能で精密で有っても、元々はその昔に人が作り出した一つの母なる機械によって産み出され生産の連鎖によって改良された、いわば人類の歴史と子供の様な物、そう考えると身の回りに溢れている機械達に対する気持ちも変わりませんか?

そんな母なる機械に感謝し、私の所有する母機によって産み出されたオートバイが今回の展示車両になります、母機のような多彩なレバー類、質感、まさに母機を連想させる作りになっています、エンジンや車輪以外は全てハンドメイドによる作製、カラーリングはどこか懐かしい色合いのチョコレートブラウンに金箔を使用したアクセントを効かせています、ぜひご堪能下さい。

山本 諒

19歳で地元大手HONDAディーラーに就職、5年間の勤務の末、24歳で身一つでクラシックワーゲンのショップにて間借りをして開業、1年半の間借りの後自身の工房を構える。 

溶接や金属加工の技術は基礎は習えど基本的には自身によって鍛錬され、オートバイに限らず金属に関係する加工を得意とするフリースタイル・メタルシェイパー。