RYU-SEI,個展するってよ。in駒澤大学 2016.12/21-2017.1/9

2016.12/21(水)~2017.1/9(月)

バイオグラフィー
1988生 日本
世を写す鏡であり、世を繋ぐドアであり、世を覗く窓。それがRYU-SEIです。
彼は何者かにそうあるべきだと諭されたわけではなく、ただ純粋に
(もしかしたらこんな世界があるかもしれない)とゆう想像に憧れた。
誰もが思う、(こんな世界ならいいのに)や、(こんな世界に行きたい)とゆう想いを、ただ当たり前のように純朴に想い続けているのだ。
彼自身もその夢を信じ、またその夢を作品から見る第三者の人達が、旅立つためのドアであり、覗くための窓となろうとしている。
そしてときに、彼は作品にメッセージを込めて世に問いかける。
夢と現を繋ぐ者として。

http://yonsen4000plus1.jimdo.com/